ログハウス見積.com  お問い合せ先
サイト利用のメリット 資料請求 よくある質問 パートナー会社募集 お問い合わせ 運営会社

ホームページ
サイトを立ち上げた理由
計画で大切なこと
良心的な業者の見分け方
お見積書チェックポイント
ログハウス見積.Comの
ミッション

ログハウスのポイント
ログハウス一般法令知識
ログハウスのメリット
ログハウス建築時のポイント
ログハウスのログ材
ログハウスのカットタイプ
ログハウスの構造タイプ
ログハウスのメンテナンス
ログハウスの費用
ログハウス用語
モデルプラン
薪ストーブ製品
資料請求
全国対応 プロ集団





運営会社
東マンション管理コンサルタント
事務室内
ログハウス見積.com 事務局
〒573-1121
大阪府枚方市楠葉花園町5
電話
お問い合せ先
プライバシーポリシー
サイトポリシー
サイトマップ
リンク

全国対応
北海道・東北
北海道青森県岩手県宮城県
秋田県山形県福島県

関東
東京都茨城県栃木県群馬県
埼玉県千葉県神奈川県

甲信越・北陸・東海
山梨県長野県新潟県富山県
石川県福井県岐阜県
静岡県愛知県

関西・近畿・京阪神
大阪府滋賀県京都府兵庫県
奈良県和歌山県三重県

中国・四国
鳥取県島根県岡山県広島県
山口県徳島県香川県
愛媛県高知県

九州・沖縄
福岡県佐賀県長崎県熊本県
大分県宮崎県鹿児島県
沖縄県

ログハウスのメンテナンス



ログハウスも手入れが必要です。木が呼吸しているログハウスは、メンテナンスはとても重要な部分です。メンテナンス楽しみながら行うようしましょう。

やればやるほど自分のログハウスにより深い愛着が沸いてくるでしょう。適切に手入れを続けていくことによって、ログハウスの味わいも深まり使い続けていけるログハウスになるのです。

木材の乾燥や収縮、ヒビや腐朽といった時間の経過とともに起こる変化(木材の経年変化)は建物すべてにつきものです。

外部の塗装メンテナンス
再塗装は、初回は2〜3年後、その後は5〜10年を目安に行っていきます(周辺環境条件によっても違ってきます)。

塗料は、木材の呼吸をさまたげない含浸タイプを使用します。

作 業 内 容
洗浄 まず洗浄から始めます。ブラッシングをする場合は、木目に沿って、ログの表面を傷めない程度に軽く行います。
塗装作業 洗浄から1〜2日後ぐらいに、塗装作業に移りますがログがよく乾いてから行うようにします、半乾きの状態では塗料がよくのりません。

最初は小さい刷毛でノッチの入り組んだ部分や建具まわりの奥の部分から塗っていくと仕上がりもきれいになります。その後、幅広の刷毛を使って広い部分を塗っていきます。

それから、2度塗りをおこないます。色むらができず仕上がりがきれいになり、耐候性も高くなります



セドリングのメンテナンス

セドリングのメンテナンス

ログハウスに使われる木は伐採されても呼吸をしています。

ログハウスに使われるログ材は、伐採から乾燥処理を経て使われますが、建物の一部となってからも乾燥し収縮をするため、セトリングという現象が起こります。

「セトリング」とはログ材の収縮と重さにより壁の高さが低くなる現象が起きることで、建築後から4〜5年程度経てば落ち着いてきます。

その間はセトリングの状況に応じて通しボルトを締め直すというメンテナンスが必要になります。

ログ壁は最上段から最下段まで1本の通しボルトが入っており、ログ壁全体を固定しています。セトリングにより、このボルトのナットがゆるんでくるので、しっかりと増し締めをします。



その他

コーキング

もし万が一、ログ材にヒビが入ってそれが大きなすき間となってしまったらコーキングをしてください。

「コーキング」は気密性や防水性を高めるために行い、すき間を充填する方法です。






このような作業もおまかせ下さい。個人、団体、会社法人でも気兼ねなく御相談下さい。

まずは、ログハウス見積.comに相談することから始めてみませんか?
そして、良心的で適正な見積を出すログハウス業者からの提案を受けてみませんか?

詳しくは、資料請求をして下さい。

資料をお読みになり、検討してみて下さい。
ログハウス見積.comが、きっとお役に立てると確信いたします。


資料請求は下記をクリックして下さい。


資料請求

ログハウス見積.com